Divandu

Divandu -

ios6 (iphone5は未確認)にしたら、Gmailが来なくなった (追記:過去のメール取得)

ios6(iphone5は未確認)になったことにより、gmailからのメールがこなくなる症状になったので確認したところ設定に、プッシュが無くフェッチのみの設定しかできなくなっていました。

メールを立ち上げれば、取得は可能ですがあまりに不便だったので、解決策を探してみたら、iphone標準の「Gmail」を使用せずMicrosoftの「Exchange」を使用することによりプッシュ状態で取得する事で回避することにしました。

以下引用

http://s-max.jp/archives/1142422.html

 

Gmailをリアルタイムで確認して、ビジネスにプライベートに差をつけよう!

Googleのメールサービス「Gmail」。無料で使えて容量も大きいため利用者も多いのではないでしょうか。もちろんiPhoneのメールアプリでもGmailを利用することが出来ますが、iPhoneが標準で備える「Gmail」の設定より、「Exchange」の設定の方が便利な機能を備えています。便利な内容と設定方法は続きをどうぞ。

iPhoneのメールアプリには、Gmailを簡単に設定できるボタンがありますが、このボタンで設定すると、Gmailが通常のPCメール(SMTP/IMAP)として設定されるため、メールを受信してもすぐにiPhoneに通知されず、メールの確認のためには自分でメールアプリを起動するか、一定の時間間隔で確認するよう(フェッチ)設定する必要がありました。

ところが、Gmailを「Exchange」のアカウントとして設定すると、ダイレクトプッシュと呼ばれるモードが有効になり、Gmailの受信が即時にiPhoneに通知されるようになります。以下でExchangeの設定方法を説明します。

まず設定の「メール/連絡先/カレンダー」から「アカウントを追加…」を選択します。ここで選択するメールの種類を選択することが出来ますが、あえて「Gmail」ではなく「Exchange」を選択します。

IMG_0936

「メール」と「ユーザー名」に自分のGmailアドレス、「パスワード」にはGmailにログインするときのパスワードを入力して「次へ」をクリックします。

IMG_0939

すると入力欄がひとつ増えますので、増えた「サーバ」欄に

m.google.com

を入力します。

IMG_0942

次の画面では、同期するサービスを選択します。「メール」は当然ONで、「カレンダー」はGoogleカレンダーとの同期になりますのでお好みで。「連絡先」は不用意にONにすると、Gmailの連絡先の内容でiPhoneの連絡先がすべて上書きされてしまうのでOFFが無難。

IMG_0943

設定を終了したら、早速自分のGmailアドレスにメールを送信してみましょう。「ポーン」という音とともにメールの受信がすぐに通知されるはずです。

IMG_0945

Gmailの受信がすぐに通知されることで、例えばiPhone用に専用のGmailアカウントを取得してケータイメールのような感覚で使うことも可能になります。さらにiOS4.0からはExchangeのアカウントを複数設定することが可能になったため、複数のGmailアカウントを使い分けることもできます。とはいえ、PCで使っていて頻繁にメールを受信するアカウントを登録すると、四六時中iPhoneが鳴り続けることになるので、そのようなアカウントは素直に「Gmail」として登録したほうが良いかも。

 

追記:過去の記事はデフォルトで3日間になっていますので過去のメールを見る場合「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「Gmail(設定したアカウント」の”同期するメールの期間”で、「制限なし・1日・3日・1週間・2週間・1ヶ月」が選択できますので過去のメールも問題なく読み込めます

Siriをインストールしたけど、使えない?

iOS5.1にアップデートしたあと、「Siriはもうすぐ利用できるようになります」と表示されSiriが使えないようなので調べてみたら「初期のサービス開始時には使用が制限されている場合があります」とのことで、調べたら対処法が有るようなのでメモ

1.Wifiの設定でDNSを8.8.8.8に変えて(もとのDNS設定をコピペしておく事!)siri起動 ←(自分はこれだけで、使えるようになりました。)
2.「問題が生じました」が表示されたら
3.もとのDNS設定に戻す
4.設定→siri→off 一旦ホーム画面に戻る
5.設定→siri→on
6.siri起動

これで、出来るようようになります。

アップデートエラー サーバーに繋がらないトラブルが解決にもこの手法が使えるみたいです。
DNSを「8.8.8.8,8.8.4.4」にするだけです。

参考リンク
iPhone女史Facebookページ

iPhone標準の通知音(トライトーン)の変更方法

ios5_bug_fix02

 

iPhone標準の通知音はトライトーンのみになっていますが、脱獄をして変更することが可能です。

インストール手順(今回は、トライトーンから電報に変更します)

1. Absintheからバージョン(設定→一般→情報)に合ったものをダウンロードします。

2.インストール方法は、iPhoneを接続し実行すると必要なファイルがインストールされ再起動まで自動で行われます

3.インストールが完了しiPhoneに「Cydia」のアイコンが表示されれば脱獄完了です。

4.通知音を変更するには、PC・macでiPhoneファイラーソフトをダウンロードして変更します。

5.今回は「iExplorer」を利用しファイラーでiPhoneの構成フォルダ確認します。

「Root/system/Audio/UISound/Voicemail.caf」がiPhoneの通知音になりますので、このファイルを 差し替えれば標準の「トライトーン」を「電報(Root/system/Audio/UISound/NEW/Telegrph.caf)」等の 通知音に変更できます。

6.まず「Voicemail.caf」を「Voicemail_default.caf」のようにバックアプしてから、「Telegrph.caf」を右クリックして「Export to Folder」でデスクトップに保存して「Voicemail.caf」にリネームします。

「Root/system/Audio/UISound/」の「UISound」を右クリックして「Add Files」をクリックして先ほど リネームして保存したファイルを読み込み再起動して完了です。

今回は、電報にしましたが気に入った通知音や、自作したものなども「Voicemail.caf」に差し替えて使用できます。

winとmacで、使用するファイラーは違うとは思いますが、基本的にこの方法で変更できます。

 

但し、通知音は固定されているので再度変更する場合は、手順4を再度実行する必要があります。

※今回の方法は脱獄が必須になり、iOSの改造になりますので自己責任で行なって下さい。

iPhoneでiOS6 に変更したら、wifiが使えない

iphone-icon-wifi-300x300

 

自宅のwifi環境で3gsにiOS6を試しにインストールしたところ、wifiがすぐに切れてしまい3gに繋がってしまう状況が発生。
回避方法は、ネットワークを一度消去して再設定したら、使用可能になりました。(再起動で治る方もいるようです)
どうやら、親切な機能が今回のアップデートでは逆に働いたようですね。